矢作地所50周年のあゆみ 矢作地所50周年のあゆみ

時代の変遷とともに変わり続ける、住まいのあり方と人々の暮らし。
矢作地所が歩んできた住まいづくりの軌跡を辿ります。

1954年〜 高度経済成長期 1954年〜 高度経済成長期

産業構成の変化により、都心部での就職・結婚が増え、核家族化が進行。
それに伴い、住宅需要も大きく変わりました。

1963年〜1964第1次マンションブーム

東京オリンピックに向けた“五輪景気”の中、団地型マンションや高級マンションが誕生。

1962年の区分所有法の制定、高額所得者向け住宅ローンの誕生により、分譲マンションの建設ラッシュに突入。

  • 1964年 東京オリンピック開催、東海道新幹線開通
  • 1968年 ボンカレー、出前一丁誕生
  • 1967

    矢作地所株式会社 矢作地所株式会社

    矢作建設グループにおける土地開発部門として豊田市若宮町に資本金2,000万円で創立

  • 1968

    宅地造成事業の第1号案件として「神池台団地」が完成(豊田市)

1968年〜1969第2次マンションブーム

一般家庭向けのマンションが普及。コンパクトな面積で和室中心だった時代。

高額所得者向けの高級マンションだけでは供給の拡大が見込めないため、一般家庭を対象とした大衆化路線へシフト。

今より専有面積が小さく、和室2部屋+ダイニングキッチンの2LDKなどが主流だったため、「西洋風長屋」と呼ばれることも。一方で、給湯設備やバランス釜式風呂など最先端の住宅設備が導入されており、まさに変遷期といえます。

  • 1970

    矢作建設がプレキャストコンクリート板製作のための専用工場を建設、事業化(三好町・現みよし市)

  • 1970年 日本万国博覧会(大阪万博)開催
  • 1971年 NHK総合テレビが全番組カラー化を実施
  • 1971

    • 矢作地所主催の「豊田ハウジングフェア」開催

      東海地区では画期的な試みで、また全国的にもはじめての大手プレハブメーカー10社による展示即売会。好評のうちに1ヶ月間の幕を閉じた。

    • 分譲マンション事業の第1号案件として「パビリオン知立」が完成(知立市)

      1971年パビリオン知立(知立市)

      分譲マンション事業の第1号。総戸数40戸、62㎡・3DKのマンションで、プレキャスト工法の採用によりコストダウンを可能にしました。住む人の立場で考えた住環境、交通の利便性など、住まいづくりのコンセプトは今も引き継がれています。

1972年〜1973第3次マンションブーム

不動産ブームやオイルショックなどの激動の中、全国の分譲戸数が15万戸を突破。

田中角栄内閣の「日本列島改造論」により地価が高騰。翌年にはオイルショックで世界的不況に。

新築マンションの全国平均価格は1,000万円を超えた一方、公庫融資付き物件の供給拡大により分譲戸数は増加しました。

第2次ベビーブーム到来。この時生まれた団塊ジュニア世代は、幼少期から自分の部屋を与えられるケースが多く、リビング、ダイニング、寝室、子ども部屋などに分かれた間取りが定着。耐震や防音性能が導入されたのもこの頃です。

  • 1972

    第2号案件として「パビリオンやつはし」が完成(豊田市)

    1972年パビリオンやつはし(豊田市)

    三河八橋駅から徒歩5分の立地に、5階建20戸・4階建16戸、総戸数36戸のマンションを分譲。利便性に優れた住環境に加え、モダンな洋室やダイニングキッチン、落ち着いた和室など、部屋ごとに個性が光る住まいづくりが評判を呼びました。

  • 1972年 パンダの2頭が上野動物園に初来日
  • 1973年 名古屋港金城ふ頭に「国際展示場」完成
  • 1973

    名古屋市内の第1号分譲マンション
    「パビリオン東ヶ丘」が完成(名古屋市)

  • 1974

    • プラザフェニックスシリーズ初となる「プラザフェニックス八事」が完成(名古屋市)

      1974年プラザフェニックス八事(名古屋市)

      八事の小高い丘に建てられた全30戸のマンションで、地下鉄鶴舞線が開通する3年前に誕生。3LDKから5LDKまで14タイプの間取りを用意しました。高度経済成長期で到来した車社会に対応し、洗車用水栓を6カ所に設置。

    • 庭園付きマンション「パビリオン菫台」が完成(春日井市)

      1974年パビリオン菫台(春日井市)

      神領駅近くに誕生した総戸数110戸のマンション。矢作地所としては初の100戸超となる記念すべき物件です。広々としたダイニングキッチンと3つの和室からなる3LDKで、家族のくつろぎタイムを提供しました。

    • 矢作建設誕生の地で
      宅地分譲「平戸橋団地」が完成(豊田市)

  • 1974年 長嶋茂雄引退、佐藤栄作ノーベル平和賞受賞
  • 1976年 「およげ!たいやきくん」が453万枚による日本記録

1977マンション供給実績
1,000戸を達成

「プラザフェニックス葵」
完成(名古屋市)

1977年〜1979第4次マンションブーム

利便性の高さを強みにした職住近接のマンションがトレンドに。住居+αの付加価値を提供。

戸建と比べて利便性が高いという認識が定着し、マンンションが一般化。民間デベロッパーによる大型開発が増加しました。

広々とした敷地の中に、コミュニティ設備や公園、緑地といった付加価値をプラスしたマンションが登場。オートロックが導入されはじめ、居住者の安全性やプライバシーに配慮されるように。

  • 1977年 平均寿命が世界一になる
  • 1978年インベーダーゲームが 大流行
  • 1978

    • 棟外モデルルームで販売した「パークサイドレジデンス神宮苑」が完成(名古屋市)

      1978年パークサイドレジデンス神宮苑(名古屋市)

      神宮西駅から徒歩5分の好立地に建つ全70戸のマンション。和洋室を組み合わせた3LDK、4LDKで構成され、家事動線を考えたレイアウトや、節約型の新セントラル暖房、給湯システムなどの住宅設備も進化させました。

    • 分譲店舗付マンション「ハイレジデンス山之手苑」が完成(豊田市)

      1978年ハイレジデンス山之手苑(豊田市)

      トヨタ自動車本社至近の山之手エリアに、3LDK18戸、2LDK+1部屋付が6戸、分譲店舗7戸からなる高級分譲マンションが誕生。家族のふれあいを意識し、リビングとダイニングキッチンを融合させた魅力的なLDK空間を演出しました。

  • 1979

    • 分譲オフィス付マンション「ハイレジデンス山之手第2」が完成(豊田市)

      1979年ハイレジデンス山之手第2(豊田市)

      豊田市の山之手エリアという立地を生かした住居・店舗・オフィスが一体となった多目的マンションを分譲。3LDKの住居には、4タイプから選べる個性的な間取りや最先端の住宅設備を導入しました。

    • メゾネットタイプ型マンション「プラザフェニックス八事苑」が完成(名古屋市)

      1979年プラザフェニックス八事苑(名古屋市)

      緑豊かな八事の高級住宅地に造られた4棟・全70戸のマンション。3LDKに加えてメゾネットタイプ(2階建て)の豪華な4LDKを用意し、ワンランク上の暮らしを提供しました。公園や集会室などのパブリックスペースも充実。

1980年〜
バブル景気〜バブル崩壊へ

1980年〜バブル景気~バブル崩壊 1980年〜バブル景気~バブル崩壊

バブル景気と崩壊、働く女性の急増によって世の中が激変する中、
単親家庭やディンクスなどの少人数世帯が増加しました。

  • 1980

    複数の洋間を採用したマンション「プラザフェニックス岡崎苑」が完成(岡崎市)

    1980年プラザフェニックス岡崎苑(岡崎市)

    名鉄矢作橋駅から徒歩2分のロケーションに永住型マンションとして誕生。居心地のよいLDKを中心に、洋室・和室をバランスよくレイアウトした3LDKと4LDKで構成。機能的な間取り、ゆとりのある空間が高く評価されました。

  • 1981

    関西圏の第1号分譲マンション
    「プラザ高羽」が完成(神戸市)

  • 1980年 竹の子族、ぶりっ子が流行語に
  • 1981年 スペースシャトル初飛行
  • 1982

    「プラザ緑ヶ丘」が完成(一宮市)

    1982年プラザ緑ヶ丘(一宮市)

    一宮の交通の要所といえる好立地に建つ、全戸南向きの大型4LDKを擁したマンション。当時、このクラスでは他の追随を許さない専用面積の広さを誇り、18畳のLDK、南北2カ所のバルコニーなど、ゆとりのある設計が人気を呼びました。

  • 1982年 「笑っていいとも!」が放送開始
  • 1983年 東京ディズニーランドが開園
  • 1983

    • 矢作地所株式会社

      矢作地所のロゴマークが新しくなる。

    • マンション供給実績
      3,000戸を達成

      「パビリオン四日市」
      完成(四日市)

    • 全戸トランクルーム付、全戸に1坪菜園付マンション「パビリオン松島」が完成(豊田市)

      1983年パビリオン松島(豊田市)

      自然豊かな矢作川と荒井公園を見渡すロケーションに誕生。約1,160坪という広大な敷地を生かして、全戸にトランクルームと1坪のミニ菜園を採用。マンションとは思えないほどパブリックスペースを充実させた物件です。

    • 本格純木造戸建て「細川住宅」が完成(岡崎市)

      1983年細川住宅(岡崎市)

      岡崎市に全9邸の本格純木造の高級邸宅を分譲。ひな壇状の重厚な佇まいが特徴で、吹き抜けからスキップフロアまで個性豊かな5LDKプランを提案。門構えやカーポートなど戸建ならではのディテールも追求しました。

    • 西三河地区随一の高層マンション「知立銀座タワーマンション」が完成(知立市)

      1983年知立銀座タワーマンション(知立市)

      駅前再開発が進められていた知立駅前に、西三河地区随一の高層マンションとして誕生。14階建・全38戸のビッグスケールが注目を集めました。最新の暖房給湯やテレビインターホンなど、ステータスライフに適した設備を導入。

  • 1984年 コアラが名古屋の東山動物園に初来日
  • 1985

    • 矢作の製・販・管一貫体制を初めてパンフレットに掲載した「リバーサイド朝日」が完成(岡崎市)

      1985年リバーサイド朝日(岡崎市)

      岡崎市を流れる乙川河畔に建てられたマンション。8階建・全14戸というゆとりあるスペースを生かして、戸建感覚の住空間を設計しました。本格的なシステムキッチンや豊富な収納、3面バルコニーなど付帯設備も充実。

    • テニスコート、子供用プール付のマンション「ハイレジデンス旭」が完成(半田市)

      1985年ハイレジデンス旭(半田市)

      知多湾にほど近い半田市旭町に誕生した全72戸のマンション。広大な敷地内にテニスコートや子供用プール、多目的ルームなどを備え、アクティブな毎日を提供しました。24時間の安全管理体制や衛生放送用受信装置なども導入。

1986年〜1989第5次マンションブーム

高額マンションは都心部に、ファミリー向け物件は郊外に。
超高層マンションも登場。

バブル経済の影響で地価が高騰し、都心部には10億円を超える超高額マンションも。また、この時期にはマンションの超高層化が進み、30階建以上の物件が登場して世の中をにぎわせました。

一方で、一次取得者や一般的なファミリー向けマンションは郊外に増加。高性能で機能的な住宅が多数分譲されました。

  • 1986年 ミニスカートの流行、ボディコンが登場
  • 1987年 地価の異常高騰、財テクブーム
  • 1988

    首都圏の第1号となる「パビリオン茅ヶ崎」が完成(茅ヶ崎市)

    1988年パビリオン茅ヶ崎(茅ヶ崎市)

    湘南の閑静な住宅地に建つ全16戸のマンション。ホワイトタイル貼りの外観、洋風切妻の屋根など、湘南らしい小粋なデザインが羨望の的に。間取りは3LDKと4LDKで、すべての空間に窓や出窓を配して爽やかな空間を演出。

  • 1988年 東京ドーム、青函トンネル完成
  • 1989年 昭和から平成に消費税が導入
  • 1989

    • 矢作地所が
      ヤハギ住宅販売株式会社と
      合併

    • バンベールシリーズ第1号となる「バンベール中川原」が完成(四日市市)

      1989年バンベール中川原(四日市市)

      「バンベール」の記念すべき第1号。近鉄中川原駅から徒歩2分という絶好の立地、リビング・ダイニングが一体化した新感覚の空間設計、充実のセキュリティなど、新たなマンションブランドの魅力を全面に打ち出しました。

1990年〜
景気停滞時代へ

1990年〜 景気停滞時代に突入 1990年〜 景気停滞時代に突入

晩婚化や少子高齢化の影響で、小世帯化がさらに進行。
多様化するライフスタイルに合わせた住まいが求められる時代へ。

  • 1992年 東海道新幹線で「のぞみ」が運転開始
  • 1993年 サッカーJリーグ開幕

1994年〜2002第6次マンションブーム

都心部でもマンション価格が下がり、好条件が整ったことで、マンション需要が一気に上昇。

バブル崩壊後に地価が下がり、都心部でも若い世代が購入しやすい価格帯のマンションが増加。住宅金融公庫の融資額拡大、住宅ローン金利の引き下げも相まって、購入者が増加しました。

マンションの大規模化、超高層化が進行。高機能な住宅設備や優れた耐震性・断熱性、充実のサービスを強みにした物件が主流に。

  • 1994

    • 愛知県桃花台中高層住宅提案コンペの最優秀作品「バンベール城山」が完成(小牧市)

      1994年バンベール城山(小牧市)

      愛知県の桃花台中高層住宅提案コンペで最優秀作品に輝いたマンション。洗練を極めた外観や緑化プラン、最新のオール電化を導入した快適性はもちろん、人と人をつなぐコミュニティスペースを充実させ、街づくりの核となる住まいを目指しました。

マンション供給実績
5,000戸を達成

「バンベール和合」
完成(愛知郡)

  • 1995年 Windows 95発売 阪神淡路大震災
  • 1996年 アムラー、ポケモン、たまごっちがヒット
  • 1997

    九州第1号分譲マンション「サンモリッツ小倉東」が完成(北九州市)

    1997年サンモリッツ小倉東(北九州市)

    九州第1号案件として誕生。松下電工が設備・仕様のプラン二ングを手がけ、安全性の高いオールフラットのフローリングや対面式キッチン、水周りの防音対策など、今までにない快適性を追求しました。

  • 1997年 ナゴヤドーム竣工
  • 1999

    矢作地所

    矢作建設と矢作地所のロゴマークが共通化される。

  • 2000

    免震マンション第1号となる
    「ハーモニア新町」が完成(浜松市)

  • 2000年 イチローが野手として日本人初の大リーガーとなる
  • 2002年 ユニバーサルスタジオジャパン®開園
  • 2003

    コーポラティブマンション
    「にじのもりハウス」が完成(名古屋市)

  • 2006

    賃貸レジデンス「N.S.ZEAL」シリーズ第1号となる「N.S.ZEAL東桜」が完成(名古屋市)

  • 2006年 65歳以上の人口率が世界最高に
  • 2008

    ショッピングテラス・分譲マンション・クリニックモールから構成される大規模複合開発事業「リソラ大府」全体完成(大府市)

  • 2010

    千種区池園町に高規格マンション「バンベール本山池園町」が完成(名古屋市)

  • 2011

    名鉄「太田川」駅東地区再開発事業の一環として「バンベール太田川」、
    ショッピングセンター「ソラト太田川」が完成(東海市)

  • 2010年 小惑星探索機「はやぶさ」が地球に帰還
  • 2011年 地上デジタル放送に完全移行
  • 2012

    東京・湾岸エリアにてタワーマンション
    「バンベール ルフォン 辰巳」が完成(東京都)

  • 2013

    名古屋市千種区最大級300戸の大規模マンション「ラグナヒルズ」が完成

マンション供給実績
10,000戸を達成

「フォレストアリーナ有松ヒルズ」
完成(名古屋市)

  • 2015

    名古屋市に千種区最高峰マンション
    「バンベール星ヶ丘ヒルズ」が完成

  • 2016

    • 「磐田市下野部工業団地」が完成

    • 新築戸建事業の第1号となる「バンベールアベニュー小牧外堀」が完成(小牧市)

  • 2017

    名古屋市港区金城ふ頭エリアに体験型商業施設「メイカーズ ピア」が完成

  • 2017年レゴランドジャパン®開園

201812月現在マンション供給実績
228棟
11,466戸

「街づくり」という
新たなるステージへ。

1967年の創立以来、地域に根ざした総合不動産会社として展開してきた矢作地所。
1971年に「パビリオン知立」を分譲して以来、
毎年新しい住まいを供給し、確かな地位を築き上げてきました。
これからは「住まい」から「街」へとフィールドを広げ、
生活者一人ひとりの目線に立ち、次代に流されることのない価値を創出してまいります。