いま、暮らしたい街 千種 都心に近いエリアでありながら、緑あふれる公園や施設が点在し、昔ながらの商店街にも出会える。そんな、居心地の良いまち、千種。都心の利便性に加え、のんびりとした丁寧な暮らしも垣間見れる、今注目のエリアです。

ホームタウンにしたい街、豊年町
華やかな都心を目指して

活気あふれる複合施設や、感度の高いショップやレストランが建ち並ぶ、千種区豊年町周辺。
セレブ御用達のレストランやショップが並ぶ「名古屋セントラルガーデン」や、プロ野球の試合や大型イベントが開催され、
日々多くの人が集い賑わう「ナゴヤドーム」など、都心暮らしを満喫できるスポットが集まっています。

01 名古屋ドーム

音で楽しむ

音を停止する

中日ドラゴンズの本拠地・ナゴヤドームは、市内最大級の全天候型多目的イベントスペースです。プロ野球観戦はもちろん、大規模なイベントや有名アーティストのコンサートなども開催されています。名古屋めしが味わえるグルメコーナーやグッズショップ「プリズマクラブ」、隣接するショッピングモールも合わせて、丸一日アクティブに楽しみたい人におすすめ。

名古屋ドームの敷地内にあるグッズショップでは、タオルやユニフォーム、メガホンなどを購入可能。女性向けのアイテムも充実。

名古屋市東区大幸南一丁目1番1号

052-719-2121

車:約6分 自転車:約10分

02 名古屋セントラルガーデン

緑豊かな街並みに、人気のベーカリーや有名レストラン、おしゃれなカフェなどが軒を連ねる“小さな森のグルメタウン”。街中で自然を感じられるとあって、道沿いをのんびり散歩する人も多い、人気のスポットです。毎月第4土曜日の朝9時からは敷地内で「あおぞらマルシェ」を開催。セントラルガーデン内の有名店からの出店もあり、話題を呼んでいます。

車:約5分 自転車:約7分

音で楽しむ

音を停止する

有名シェフのレストランや、売り切れ必至のベーカリーなど、感度の高い女性のためのグルメやショップがそろっています。

03 矢田川サイクリングロード

矢田川沿いに続く、全長約30kmのサイクリングロード。川のほとりを走る道が多いため、心地良い川風を感じながらサイクリングや散歩を楽しめます。途中、川へ降りて水に触れてみたり、陸橋を走る電車を眺めたり、ベンチに腰掛けて休憩したり…と、自然と触れ合いながらのんびり楽しみたい人にぴったりです。

川沿いのサイクリングロードは、しっかりと舗装された道が多いので初心者でも安心です。川の音に癒されながら、アクティブな休日を。

音で楽しむ

音を停止する

車:約9分 自転車:約17分

04 今池西一番街(飲食店街)

暗くなると提灯が灯り、一気に賑やかさを増す今池エリア。今池西一番街から今池駅へ続く辺りは、昔ながらの居酒屋から行列必至のホルモン屋、絶品串焼き店に、話題のバル、さらにおしゃれなカフェバーまで、魅力的なグルメが勢ぞろい。人情味溢れた下町の風情と、都会の活気が融合した、今注目のエリアで、のんびりと飲み歩きを楽しんでみては。

今池エリアの飲み屋は、店主もお客さんも気さくな人が多く、客同士の交流がさかんな店も。昔ながらの居酒屋に飛び込んでみるのもおすすめです。

車:約4分 自転車:約6分

懐かしい街並みに心を委ねる一日 ゆったりとした暮らしを訪ねて

都心暮らしを存分に楽しめるエリアでありながら、道を一本中に入った先は、また違った表情に。
商店街を散歩しながら店主さんと仲良くなったり、静かな公園のベンチに腰掛けて、木陰で読書を楽しんだり…。
便利な日常に紛れて忘れてしまった、ゆったりとした丁寧な暮らしが、ひっそりと隠れていました。

昔ながらの商店が仲良く並ぶ通りに 行き交う人々の楽しそうな声が響く ノスタルジクが心地良い筒井町商店街へ

昭和の香り漂う 穏やかな街並み 忘れかけていた 懐かしい景色と まごころのこも 丁寧な暮らしが こんなに近くで 感じられるなんて

老舗商店が軒を連ねる筒井町商店街 おはよう!の元気な声が行き交う中に 鳥の鳴き声と緑のささやきが混じり合う

おいしそうな香りに誘われて お惣菜屋さんの扉をたたく おいしかったらまたおいでなさいな そう言ってお母さんが手渡してくれたのは 昔ながらの手作りコロッケ ただいま!って帰ってこれる居場所が もうひとつできたようなそんな気がした

音で楽しむ 音を停止する

音を停止する

夏の訪れを告げる 年に一度の例祭 筒井町天王祭 豪華絢爛な山車が 商店街を練り歩く そろそろ夕闇 提灯が灯ったら いよいよ祭の クライマックスへ

毎年6月第1土日に行われる例祭筒井町天王祭 いつもの穏やかな商店街から様変わり 賑やかな出店と行き交う人で活気に溢れている

あの大きな山車は神皇車と言うらしい 鬼面をかぶった巫女人形が 被龍神に早変わりする“からくり”が見もの 隣に居合わせた地元住民が教えてくれた 体に染み入るようなお囃子の音色も 提灯の幻想的な灯りも少しずつ遠くなる 揺れる提灯が街の暗闇を解きほぐすように

小さな小さな森の中に 街を守り続けてきた お社が建っていた 手水舎の澄んだ水に 手口も気持ちも すっと清めたら 静かに手を合わせて そっと目を閉じる

街を抜けた先に 緑と花に包まれた 大和公園を発見 木々の囁きをBGMに のんびりゆったり 何もしないのがいいな 公園を独り占めする ちょっと贅沢な時間

※掲載されいている情報は、2015年6月取材時のものとなります。

都心に近いのに、どこか懐かしい
都心に近くて、ゆっくりした時間の流れる街

現代の暮らしには、都心の便利さは必要不可欠。だけど、忘れたくない丁寧な暮らしを見つけました。
都心の華やかさを感じながら、おもてなし文化が根付く商店街だってホームタウンにしてしまう、そんな新しさがここにあります。
人が集う賑やかな街で、居心地良く過ごせる理由。それは、人が街を守り、支えて続けてきた証なのかもしれません。