大人のための時間

豊田スタジアムを活用して暮らしを楽しく。

サッカー観戦のイメージが強い『豊田スタジアム』ですが、実は普段から楽しめる施設やイベントが満載なんだそう。「定期的にファーマーズマーケットが開催されていて、地元産の新鮮な農産物がずらりと並ぶんです。そのほかにも、フリマや陶器市、冬のイルミネーションなど、子どもはもちろん大人も楽しめる催しが盛りだくさん!」。さらにスタジアムの周囲には、芝生広場にコンビネーション遊具、散歩やランニングにぴったりな散策路も。「何度でも訪れたくなるスポット」とKさん夫妻が話すのも納得です。

急にクルマが必要な時は『Ha:mo』の出番!

「パパに子どもをまかせてバスで出かけたら、買いものしすぎちゃって大荷物に…。そんな時、『Ha:mo(ハーモ)』が役立つんです」と奥さん。

トヨタ自動車が提供している小型電気自動車のシェアリングサービスで、豊田市内に約50カ所あるステーション間で自由に乗り降りできます。「駅前から自宅近くまでの“ちょこっと乗り”にぴったり。超小型だから私でもスイスイ運転できますよ」。

休日は、アートにふれる
心地よいひとときを。

2015年10月にリニューアルオープンした『豊田市美術館』。美術館建築で名高い谷口吉生氏の代表作で、国内外の現代美術を積極的に紹介する企画展に定評があります。「意匠を凝らした作品展示はもちろん、庭園やテラスへ足を踏み入れるだけでも感性が刺激される空間です。もう少し子どもが大きくなったら、夫婦でゆっくりギャラリーツアーに参加したり、レストランで食事をしたりするのもいいね」。Kさんご夫妻もお気に入りの場所です。

地図で場所をみるMAP

掲載されいている情報は、2015年11月取材時のものとなります。