ランドスケープ

LANDSCAPE

住まう方の人生をもてなす。

恵まれた立地を
活かす全体計画と
植栽プランニング。

華やぎや賑わいから程よく離れた住宅エリアを舞台にしながらも、敷地は2面接道の角立地。
開放感と落ち着きに恵まれた、この立地の魅力を充分に活かし、さらに自然の光や彩り・薫りなどが暮らしの中で息づく住まいを創造します。

A

自然の美しさや優しさを感じる
「オーナーズテラス」

木漏れ日の中、ゆったりと寛いだり、お子さまと散策したり、家族や住まう方同士と語り合ったり。
自然の美しさや優しさを感じながらコミュニケーションを深めることができる「オーナーズテラス」をご用意しています。
早春の訪れを知らせてくれるオカメザクラや、美しい紅葉を楽しませてくれるカエデなどを植樹した、コミュニケーションスペースとして自由に使うことができます。

B

季節の彩りと薫りを楽しむ
「ハグガーデン」

四季折々の彩りと薫りを楽しむことができ、
住まう方々を自然の優しさで抱きしめるようなハグガーデンをご用意しています。

C

開放感あふれる2面接道の
「角立地」

敷地の2面が道路に面しており、隣接する建物がない開放感に優れた角立地。
自然の心地よい光や風を満喫することができます。

D

人と車の動線を分けた
「歩車分離」

建物エントランスと駐車場の入口、さらには自転車の入口を別々に設け、
人と車と自転車の動線が被らないよう安全な計画としています。

E

1階住戸には
「プライベートファーム」

1階住戸の専用庭の一角に、トマトやキュウリなどが栽培できるプライベートファームを設け、
日々の暮らしに育てる楽しみを創出します

日本の四季を楽しむ
植栽計画。

50種類以上もの多種多様な木々を植樹。
日々の暮らしの中で、自然の彩りや薫りの変化によって季節の移り変わりが
感じられるよう考えました。

オカメザクラ

オカメザクラ

オリーブ

オリーブ

アガパンサス

アガパンサス

フェイジョア

フェイジョア

カエデ

カエデ

Column

人と植物が寄り添い、
美しく、優しい時間を
共有する空間を。

人と植物が心地よく共存できる空間をデザインという視点から考え、数々の集合住宅はもちろん、大使館などのランドスケープも手がけました。完成時だけでなく数年後、数十年後の未来までもイメージしながら、空間を創り上げています。

グランフォーリア高蔵寺
ペルー大使館
大石剛正

大石 剛正
Takamasa
Ohishi
(グランスケープ有限会社)

※掲載のオーナーズテラス外観完成予想図は、図面を基に描き起こした建物完成予想図をCG合成したもので、実際とは多少異なります。※建物に附属する樋等の配管や設備機器、および周辺の建物や電柱等は省略または簡素化しております。
※植栽は特定の時期を表現しているのではなく、竣工時には完成予想図と成長の差異がありますので、予めご了承ください。※植栽写真は全てイメージです。